インフォトップ販売ページ


あなたはこんな経験をしたことはないでしょうか。

あなたはこんな経験をしたことがありませんか?

       ワインに興味を持ったけど、どのワインを飲んでも
      同じ味にしか感じられない。


  なんだかよく分からないけど飲み会やパーティーで
 ワインを飲まされてばかりで、ブームなのかもしれないけど、
 自分がよく知らないものを飲まされるのは納得できない。

  

  憧れの彼女(彼)と初めてレストランに入ったら、
 彼女(彼)が実はワイン通でうんちくを垂れられてしまい、
 ついていけず興ざめとなった

 

  会社の取引先の相手と食事をしたら、
 ワインを頼もうということになり、まごまごしている間に、
 相手に何を飲むか決められてしまった。
 そのせいで食事中の商談も
ずっとリードを取られてしまった。


  ワインと料理を一緒に食べたら、妙な味になってしまった。     
   ワインにすごく合う料理があると聞いたけど・・・


  フレンチレストランやイタリアレストランで
 食事を楽しみたいけどコース料理の順番に合わせるワインの
 ルールが分からず、怖くてなかなか店に入れない。


  ワインの味や香りの違いは何となく感じるけど、
  それをどう言葉で表現したらいいか分からず、
  友達と話ができない。


 悔しいのでワインをちゃんと覚えようと思ったけど、
 ブドウの種だ、産地だ、と覚えることが多すぎて
 何がなんだか訳がわからない。



あなたは今のような状態で満足なのでしょうか?ワインのせいで、ワインのせいであなたを思う大切な友情や恋人の気持ちが壊れてしまうかもしれません。ワインのせいでこれからも商談がどんどん流れてしまうかもしれません。ワインは医者や弁護士、企業家らの富裕層が集まると頻繁に話題になりますが、こういう方たちと知り合うチャンスを知らず知らず失っているかもしれません。

なによりも、本来は知的で自信に満ち溢れた魅力的なあなたの大人のイメージが間違って伝わり続けているかもしれません!

たかがワインのせいであなたの仕事のキャリアや人生の楽しみも脅かされているとしたら恐ろしいことです。


 はじめまして。「もうワインで泣かない本」を書いた菅井英明です

 


                           
         
  菅 井 英 明 
ワインブログ:
「ワインリテラシー」
        主宰
2010年4月24日に「日本ブログ村」
ランキング「ワイン」カテゴリーで
        一位
  


 今でこそ「ワインリテラシー」という日本ブログ村のワインカテゴリーで一位を取ったこともあるブログを書いていますが、実は私もほんの4,5年前までは皆さんと同じ、いえ、それ以上にワインには悩まされていた一人でした。

 私は長年教育・研究に関する仕事をしています。この分野の同業の方の多くがワイン好きで、さあ、ワインを頼もうかという話になると私は頭が真っ白になり、ひどくつまらない思いを何年もしていました。また社会に影響力のあるビジネスマンの方と会食をすることもよくあるのですが、ワインを頼むたび、何か粗相がないかとびくびくしていました。何より会話がまったくなく、内心その場から逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

 悔しいので、ワイン本を読んでワインや生産者の名前を覚えようとしたり、味や香りの違いを見つけようと飲み比べたり、ワイン屋さんに行って流行のワインの特徴を聞き出したりと必死でしたが、よく分かりませんでした。

 そんな状況が何年も続いたときに、当時、自分が勤めていた香港理工大学はホテル・観光業学部が強いことを思い出して、すがる気持ちで何かワインについてのいい本が図書館にないのかと思って、それらしいコーナーに行ってみました。

 ぱらぱらとそれらしい本をめくると、私は雷に打たれたように立ちすくんでしまいました。それらのホテル・観光業で教科書として使われている英語のワイン本は、第一章にくる事柄がみんな同じ、「ある」ことだったのです。

 本当に驚きました。

 これは日本で刊行されているワインの入門本や、ましてやワイン雑誌には見られない書き方で、まるで事前に打ち合わせでもしたかのように同じ書き出しで始まることから、これを知ることががまさにワインを知るための最初の一歩なんだと直感しました。

 これらの本は、ホテル・観光業学部の学生が使うものですから、これまでワインを飲んだことのない若い学生たちがワインを最短距離で知ることができるように書かれた本です。しかも、学生が勉強を始める一年生や二年生の段階ではまだ成年に達していませんから、ワインを実際に飲むことすらできません。

 それでも彼らはこの方法でワインを最短距離で知り、飲んでもいないのに感じることができるのです。

 私は何冊も読み比べて、確信しました。そしてこの方法を自分で実践してみると、面白いほどワインの違いが分かるようになりました。それだけでなく、料理との相性が良いか悪いか判断ができ、しかも食べる前から相性の予測をつけることができるようになりました。

 こうなると本当に楽しいものです。さらにワインの生産者や地域の特徴の把握もどんどん進んで、ワインを飲むとき友人たちのために選んであげることもできるようになったのです。

 その方法とはいったい何なのでしょう。ここで出し惜しみをするつもりはありません。

 
ワインのタイプをまず覚えることだったのです

 ワインのタイプというと、赤ワイン、白ワイン、シャンパン、少し詳しい方はロゼという4つが思い出されるかもしれません。

 しかし、プロが分類すると、これらのタイプとはまったく違うタイプの分類になっていたのです!プロは5タイプから7タイプほどにワインをまず分けます。そしてそのタイプに合う料理の素材、調味料、調理法を選んで料理やコースを組み立てていくのです。

 すべてはこのタイプを知ることからスタートし、それさえ知れば、あとはほとんど自動的に、機械的に追いついてくるのです。単にそれに合うメニューが決まってしまうだけでなく、組み合わせの結果がおいしいかおいしくないかの予測もできるのです。さらにクリエイティブな新しい組み合わせまでも予測できるのです。

 
まるで手品みたいですね。

 そしてそれらのタイプには、特定の味や香りの表現をするように決まりがあります。そこから外れることはありませんから、タイプさえ知れば、味と香りの表現に必要なボキャブラリーや文章が飲む前から頭の中でできてしまいます。誰かに尋ねられたら、それを口から出せばいいのです。

 さらにその特定のタイプを生産できる生産地や国は気候の条件から限られているので、無理なく生産地やブドウ種の特徴までをも覚えられるのです。

 まださほどワインを飲んでもいない若いウェイターさんが海外の一流ホテルのレストランで気難しいお客さんの質問に答え、ワインを堂々とサーヴすることができる秘密はこれだったのです。

 そして、私は同じ問題を抱えているあなたにワインの楽しさを知ってもらいたいと思いました。自信に満ち溢れた堂々としたあなたを取り戻してほしいと思ってこの本を書きました。

 この「もうワインで泣かない本」は、ホテルと観光業学が使う教科書と基本的に同じ方法で書かれていて、かつさらにこれまで苦しんできた皆さんが最短距離でワインの世界に入れる独自の工夫がされています。

 あなたもこの方法をあっという間に身につけ、ワインの楽しさを知ることができるのです。それでは具体的に内容を見ていきましょう。


この本ではまず・・・


 基本となる味の異なる五本のワイン

         
 を紹介しますのでそれらを飲んでみましょう。 

 代表的なフランスワインとイタリアワインの中から、
 基本となる五種類の異なった味わいのワインを選んで
 その味わいと香りを体で覚えていくことにします。
 
 基本の味を覚えれば自分が何を飲んでいるか
 はっきり自覚できて自信がつきます。

 確かにワインに知識は必要ですが、それはまず飲んで感じて
 美味しいなと思ってから、面白いなと思ってから。

 知りたい気持ちを高めるためにも、まず体で味と香りを覚えていきます。


 五種類のワインは全部で三セット合計15本出てきます。
 

ワインと合う料理を試していきましょう 

そしてこれら五種類のワインと合う料理を試していきましょう!
 
 うーん、この組み合わせは本当に美味しい!という組み合わせを
 ワインごと、種類ごとに紹介します。それを体験してみましょう。
 おいしい組み合わせに出会うとは本当に天にも昇るような気持ちです。

 おおよそフレンチとイタリアンは五種類のワインに合うように料理がすでに
 組み立てられているので、種類を知れば、合う合わないはある程度予想がつきますが、
 自力でもクリエイティブな組み合わせを考えられるように
 
昔からの金言だけではなく、現代のレストラン業界最先端で使われている
 組み合わせを考える際に必要なルールと大原則を惜しみなく紹介しましょう


コース料理と組み合わせましょう 

続いて単品の料理との組み合わせだけでなく、
 フレンチやイタリアン、中華のコース料理を食べるときに
 どうワインを組み合わせていけばよいのかも自分で考えられるように
 各コース料理の典型的な流れと、それらに合わせるワインの種類を
 紹介しましょう

 
 どのワインでスタートしてどのワインに進めばよいか、
 何本合わせれば良いのかをマスターすればレストランであわてることなく
 ゆったりと仲間との食事が楽しめます



 味と香りの表現を自分でできるように

 ワインは飲み物ですから美味しい!美味しくない!といえばそれまでですが、
 実はワインを楽しむために必要な、ワイン固有の味と香りの「表現」があるのです。

 自由に好きなように表現してもいいとは思うのですが、
 最初は、よく使われる基本的な表現を知っておくのが
 あとあとで本当の意味で自由に表現できるようになるための近道だと思います。

 まず、ワインの味と香りの表現に必要な基礎的なボキャブラリーを覚えていきましょう。
 「果実系」「ハーブ系」などの系統で紹介しますから大まかに掴んでいきましょう


 問題は、ワインの基本的な表現には果実や食材が多く使われるのですが、
 その中には日本ではなかなか生で食べられないものがあります

 クロスグリ、リコリス、ユーカリ、ブラックベリーのような香り・・・
 これらは非常に良く使われる一般的なワインの表現ですが
 残念なことに日本では普通に食べる食材ではありません

 そんな状況でも、実はそれらの食材をいろいろと試す方法があるのです。
 それも写真付きで紹介しましょう!


楽しさと知識を一緒に 

体で楽しさを覚えたらだんだんと知識も増やしたくなってくるのが
 人情というものです。ここまでくれば、もっとワインについて
 知りたいと思うのが自然なことです。

 今こそ体験をサポートするための知識面をまとめて
 強化していきましょう。
 
 この本ではワインリテラシー獲得の総まとめとして、一番最後に
 自分が飲んだワインのブドウ種や生産地域、
などの必要なことを
 お伝えします。
 
 普通のワイン本ではこれが一番最初に出てくるので、
 「私には暗記は絶対無理」とひいてしまうのですが、
 この楽しさ、うれしさ、おいしさは一体どこから来ているんだろう?
 そんな気持ちで読んでみればすーっと記憶に染み込んでいきます
 
 それ以外にも中盤で、ワインをより美味しく飲むために
 最低限必要な道具やマナーの紹介もあります。

 また「節度あるワインの飲み方」という特別付録を設けて、
 どれくらいの量のアルコールの摂取なら
 安全とされているのか
を資料を使って紹介します。

 ワインを飲むには難しいお作法が必要なんじゃ?
 心配な皆さんも、安心してください。


 
 でも基本はやっぱり味わうことです。
 
 感じることです。それを忘れてはいけません
 
 ワインに対する毎日の楽しさを増やしながら、
 知識もついでに確実なものにしてしまいましょう

 

 ワインは愉快なコミュニケーションツール

 頭だけで覚えた知識には心が伴っていません
 体で覚えた楽しさなら、他の人に伝えたくなります

 きれいなところを旅行したり、面白い推理小説を読んだりした後は、
 ねえねえ、聞いて!と他の人に話したくなるでしょう?

 それと同じです。

 体でまず覚えて、知識にしっかりと裏付けられたワインの経験は、
 友達や家族、彼氏、彼女についつい話したくなります。
 しかも体験したのですから嫌味には聞こえません。 

 ふいに仕事の都合で、ワインを飲むことになっても、もうあわてません。

 ここまで来ると自分でも驚いてしまうのですが、
 ワインを愉快なコミュニケーションツールとして使いこなして、
 その場のみんなで心の底から思いっきり楽しめるようになっています。

フランス・イタリアのワイン5種15本 

この本では、なんと、
 こういう基本的なフランスワインとイタリアワインを
 
三セット合計15本紹介します。
 
 15本のそれぞれがとっておきの、
 まさにそれぞれの国のワイン生産地域を代表するワインです
 
 しかも、どれも2-3千円台とリーズナブルなお値段のワインで、
 誰でもすぐに試してみることができます。

 15本を飲むとフランスを一周、イタリアを半周
 旅行したようなお得な気分になれます。

 

この本を読み終わると、皆さんのワイン人生は以下のようになっています

 

   それぞれのワインの味と香りにはっきりと自分で区別がつけられる。

   それぞれのワインの味と香りを自分の適切な言葉で表現できるようになる。

    フランスとイタリアの基本的なワインやその生産地域について他の人と楽しく
話せるようになる。

   料理との適切な組み合わせを自分で考えるための原則が分かる。

   フレンチやイタリアン、中華のコース料理と何をどう飲めばいいのかも分かる!

   ワインが楽しい!友達と飲んでも彼(彼女)と飲んでも仕事仲間と飲んでも!

   食事もワインも美味しくて美味しくて仕方がない!

   誰かにこの喜びをもっと伝えたい!もう、ワインの味と香りを適切に表現できるんだから!

   もっとワインが飲みたい! 

   ワイン人生を楽しくする小道具やちょっとした技術、考え方にも詳しくなる。

   ほかにも特別巻末付録として、本邦初となる、節度あるワインの飲み方や、最新のワインと健康との関係などの科学的なお話も盛りだくさん。

      

  この教材は、自信に満ち溢れたすばらしいあなたを一刻も早く取り戻してほしいと願って書きました。

  始めるのに遅いということはありません。

  この教材を手に取られたその瞬間から、あなたの豊かな堂々とした人生が始まります。




「もうワインで泣かない本」

ワイン・リテラシー・シリーズ第一弾

インフォトップより販売中

販売価格 二千円 (税込み)

総ページ数 A4サイズ 96ページ



もうワインで泣かない本




 ご購入は下の特定商取引に基づく表記をお読みの上、
「ご購入は今すぐ、こちらから」のボタンを押して
インフォトップの購入画面にお進みください。
インフォトップではクレジットカードをはじめとした
各種の使いやすいご購入方法があります。


 
今日から始まる豊かなワイン人生をお楽しみください。

さらに詳しい内容については 下の目次をご覧ください

 


特定商取引に基づく表記

[特商法]ダウンロード販売

販売業者 : 菅井英明


運営統括責任者 : 菅井英明


所在地 : 
東京都立川市富士見町6-41-3パレドール立川406号


連絡先 
 
   郵送の場合 所在地に同じ

   電話番号 080-4110-8228


メールアドレス: hideakisugai76gmail.com 


販売URL : http://www.stoneblue.jp/textbook/wine/winedenakanai.htm


支払い方法

・クレジットカード決済

・銀行振込(前払い)

・郵便振替(前払い)

・コンビニ振替(前払い)

・BitCash決済


商品代金以外の必要金額 :銀行、コンビニ振込の場合、手数料


販売価格 :二千円(税込み)


メールサポート: 
内容については、ご購入後は無期限、無制限でいたします。


商品の引渡し時期 

代金決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページより
ダウンロード


商品の引渡し方法  : 

Infotopユーザーマイページよりダウンロード


ソフトウェア動作環境
PDFファイルが読めるアクロバットリーダーが必要


返品・不良品について: 

情報という特性上、返品および返金には応じられませんが、内容についてはご購入後、メールにて無期限、無制限でサポートさせていただきます。


商品に関する注意書き: 

本商品に示された表現や味覚に関する再現性には個人差があり、必ずしも同一の効果の再現を保証したものではございません。

 

ご購入は今すぐ、こちらから



この商品はインフォトップより販売中です。

お支払い方法



※クレジットカード・銀行振込・郵便振替・コンビニ決済・BitCashがご利用可能です。

もうワインで泣かない本QアンドA

Qさん:でもどうしてこんな教材がこれまで出てこなかったのでしょう?

いろんなワイン本を読んでもだめでした。ワインに詳しそうな友達に聞いても分からなくなるばかりです・・・もうワインを飲むの
やめようかと思っていて・・・

菅井:うーん、実は、ワインには典型的な五タイプがあって、それを中心に考えないせいで飲めば飲むほど分からなくなるのです。

Qさん:え?赤ワインと白ワインということ?シャンペンも混ぜて三種類?ロゼで四種類?もう全部飲んだよ??

菅井:そうではないんです。レストランやホテルなどワインを職業上毎日サーヴする人たちは五種類~七種類程度に分類していて、
それらの味と香りの特徴が感じとれるとワインがぐっと楽しくなるんです。そう、びっくりするくらい身近になるんです。

Qさん:五種類~七種類?そんなに違いは感じなかったなあ・・・鼻や舌が鋭くないからかなあ・・・

菅井:心配しないで、これまでに五種類を感じ取れなくてもみなさんに落ち度があったわけではありません。

実はみなさんはこれまで味や香りを区別できなかったわけではなくて、おんなじ様なワインをずっと飲まされ続けていただけ
なのです


Qさん:えー!?どういうこと!?

菅井:ワイン本は普通読者の誰もが飲める最大公約数的なワインを単発で紹介しますからね、流行のものに焦点を当てすぎてる
ところもあるし。

Qさん:そういえばワイン好きの友達も今流行っているものばかりを薦めてきたよ。後は自分の好きなものとか・・・

菅井:ワイン好きの友達もワイン好きであればあるほど、自分の好みを固定して決めてしまうようになるからね。

Qさん:うーんそうだったんだ。

菅井:ワインと合う食事や料理も実はこの基本的な五種類に合うようにわざわざ組み立てられているんだね。プロはおいしい
組み合わせを生み出す方法を、最短の時間で若い人に教える技術を知っていて、ホテルやレストラン業界ではその教え方で
教えているんだ。

Qさん:うーん、確かに日本人も経験的にどういう食べ物の組み合わせがおいしいか知っているけど・・・ごはんに生卵を
かけるみたいな。でもそれをいちいち覚えるのは無理なんだけど。

菅井:覚えるのは組み合わせを生み出すいくつかの方法と大原則であって、細かい具体的なワイン名を覚えるやり方では
ないんだよ。プロは原則を押さえてから、仕事を通して具体的な名前を覚えていくんだろうね。

Qさん:うーん、でもそういう覚え方は応用が利くのかな、最近ごはんにマヨネーズかける人も結構いるんだけど・・・

菅井:たとえが変と思うけど(笑)そういうクリエイティヴな挑戦も、組み合わせの大原則を知っていれば可能だね。実際
最先端のレストラン業界では、この教材で紹介する大原則を使って果敢にいろいろな組み合わせを考えて
いるよ。

Qさん:でもじゃあ、やっぱりスタートは基本の五種類のワインを知らなければいけないってことだね。でもどうやれば
その五種類のワインを知ることができるのかな。

菅井:そうだねえ。知識から入るんじゃなくて、まず飲んで感じるところが大事じゃないかな。自転車でも鉄棒の逆上がりでも、
頭で覚えたわけじゃないでしょ(自転車乗れない方済みません)。

Qさん:うーん、そうだけど。

菅井:まずそうやって体を使って自然に覚えて。まるで生活の一部のように五種類のワインを必要なときに家とかレストランとか
必要な場所で自由に楽しめるようになればいいんじゃないかな、だってワインは飲み物なんだから。

Qさん:フランスやイタリアではワインが生活の一部って聞いたことあるけど、そういうことなんだ・・・名前とか産地なんかも
そうなれば覚えられそう
。マルコ○味噌とか、キッ○ーマンの醤油みたいな感じかな・・・
でも日本ではどうしてそういう5タイプのワインを軸にワインに関する全てを
組み立てていこうという教材はなかったの?


菅井:嗜好品として日本にはワインが単独で入ってきたから、ワインだけが独立して、
他の部分と切り離されちゃったんだね。特に料理とは切り離されてしまって、そのせいで簡単なことが難しくなってしまった。
ワインがみなさんの人生を難しくしてはいけないよね。

Qさん:でも鼻とか味覚とか鋭くないし。どうやれば五タイプを感じられるの?時間がかかる?

菅井:実はね、そんな難しいことじゃないんだよ。最初に五タイプを飲んでそれらの比較を積み重ねる。そしてそれぞれの
タイプの特徴、特徴というのは合う料理とかどうしてそのような味や香りになっているかだね。これを覚えたら、また次の
五タイプを飲んでそれに関したことを覚えて。こういう感じで三セット15本に挑戦するんだ。三セット目が終わる頃には
もうワインから感じられる情報のほとんどがまるで日常の言葉を話すかのように自然に身についているよ。

Qさん:感じるところからスタートすれば怖くないというのはそういうやり方のことなんですね、楽しそうですね。
これならやれそうです。


もうワインで泣かない本
目次

第一章 もうワインで泣かされない


 みんなの悩み

 具体的なワイン名をまず五本
  白ワイン三種、赤ワイン二種

甘い白ワイン
すっきりとした白ワイン
熟成した白ワイン
しっかりとした赤ワイン
どっしりとした赤ワイン

 さっそく飲んでみよう

 驚きをうまく体に取り込む

 もうちょっと詳しくワインの説明を

 ワイン飲み始めによくある混乱

 ワイン名は実はいろいろなものを指している

 ワインは梅酒のようなやり方で味をつけている?

 白ワインの醗酵のさせ方と味わいの違い

 アルコール度数とワインの味

 入門編終了

第二章 食事で泣かない!

ポイント1 ワインは食事のためにある

ポイント2 赤ワイン伝説を打破する

ポイント3 合わせるだけでなくマリアージュを考える

マリアージュの実験例1-5

ポイント4 マリアージュの反対「ゲロマーズ」もある

ポイント5 その食材は敵?それとも味方?

ポイント6 どうしても合わないこともある

マリアージュを生み出す三つのアプローチ

 金言的アプローチ
 暗記的アプローチ
 分析的アプローチその1
 分析的アプローチその2

真のマリアージュはなぜ起こる?


第三章 典型的五種第二セット目

典型的ワイン五種第二セット目の紹介

ワインの名前をもう一度整理する

第四章 雑学(うんちく)で泣かない!

ワインの栓を開けるには何を使うとうまくいくの?

ワイングラスはどれを選べばいいの?

グラスにはどれぐらい注げばいいの?

ワイングラスは回していい?

ボトルを全部飲みきれなかった場合どうするの?

同じブドウ種でもワインの値段が高い産地国と安い産地国があることに
気づいたけど?

ワインを選ぶときアルコール度数が美味しさのヒントになる?

ワインは開けないでほっとけばほっとくほど味が良くなる?

これは何の儀式?


第五章 レストランで泣かない!

世界各国料理とのワイン相性大原則

少ないワインで通すのか、料理ごとに違うワインを飲むのか

本当はもっと秘密があるのでは?

実際にコースで食べる場合、どのようなワインを頼むか

ワイン一本で通す
二本飲める場合
三本以上飲める場合
デザートと一緒に飲むワイン

コース料理とワイン組み合わせ早わかり表


第六章 ワインの表現で泣かない!

まず大まかな香りの分類をつかむ

基本となる香りの系統を覚える

黒い果実系
赤い果実系
ハーブ系の香り
土系の香り
金属・無機質系の香り
花や果物系
甘い香り系

三セット目を自分で感じて表現してみる


第七章 楽しいワインライフのために


ブドウ種

地理の勉強

フランス
イタリア

本文の最後に

特別付録その1 節度あるワインの飲み方

特別付録その2 長寿ワインが存在する

特別付録その3 酔いにくくする方法

特別付録その4 あなたはスーパーテイスターかも知れない

あとがき

参考文献





ご購入は今すぐ、こちらから


この商品はインフォトップより販売中です。

お支払い方法



※クレジットカード・銀行振込・郵便振替・コンビニ決済・BitCashがご利用可能です。

 

▲特定商取引に基づく表記に戻る  ▲ページの先頭へ戻る